HOME > 製品情報 > アスファルトフィニッシャ:クローラ式

製品情報

CRAWLER TYPE ASPHALT FINISHERS

アスファルトフィニッシャ:クローラ式

アスファルトフィニッシャ:クローラ式

施工現場からの幅広いニーズを製品開発に活かし、当社では幅員変化に自由自在に対応するRVスクリード・RV3連スクリードを装着した、狭小舗装に最適なF14C3から小型機ながら4.5mの施工幅をクリアーするF45CJ3/F45C3までをフルラインナップ。

製品ラインナップ

型式 舗装幅 重量 定格出力 低騒音 排ガス  
F14C3 0.8〜1.4m 約2,850kg 18.3kW/1,900min-1
詳しくはこちら
BP25C3 1.4〜2.5m 約4,850kg 25.3kW/1,900min-1
詳しくはこちら
F1432C3 1.4〜3.2m 約5,200Kg 25.3kW/1,900min-1
詳しくはこちら
BP31C5B 1.7〜3.1m 約6,240kg 36.0kW/1,900min-1
詳しくはこちら
F1741C2B 1.75〜4.1m 約6,580Kg 36.0kW/1,900min-1
詳しくはこちら
F45CJ3 2.0〜4.5m 約7,380Kg 49.0kW/2,000min-1
詳しくはこちら
F45C3 2.35〜4.5m 約7,300Kg 49.0kW/2,000min-1
詳しくはこちら
F60C4 2.3〜6.0m 約13,860Kg(TV)
約13,680Kg(V)
92.2kW/2,200min-1
詳しくはこちら
騒音・排気ガス対策について = 国土交通省超低騒音型建設機械['97年基準値]
= 国土交通省低騒音型建設機械認定機['97年基準値]
= 国土交通省第3次基準備排出ガス対策型認定機}
= 特定特殊自動車排出ガス基準適合車
= 特定特殊自動車軽油少数特例2006年基準適合車
※各認定の詳細な内容はページ下部をご確認ください。

全モデルに本格的スクリードを装着!!

HANTAのアスファルトフィニッシャは、お客様のニーズによって2つのタイプからお選びいただけます。
いずれも、作業の効率化と省力化の実現と、舗装精度の追求を両立させたスクリードです。

全モデルに本格的スクリードを装着!!

騒音・排気ガス対策

国土交通省低騒音型建設機械認定機['97年基準値]
国土交通省 超低騒音型 建設機械 ['97年基準値](F60C4)
特定特殊自動車排出ガス基準適合のアスファルトフィニッシャとして初の超低騒音型指定を取得。
優れた静粛性により、住宅地や市街地、さらに夜間の工事で威力を発揮します。
国土交通省低騒音型建設機械認定機['97年基準値]
国土交通省低騒音型建設機械認定機['97年基準値]
住宅街や市街地、さらに夜間の工事に対応してエンジン音を低く抑えました。
エンジン以外にも騒音対策を施しているので優れた静粛性を発揮します。
国土交通省第3次基準備排出ガス対策型認定機
国土交通省第3次基準備排出ガス対策型認定機
国土交通省の排ガス3次基準値に適合したエンジンを搭載。
高出力、高トルクながら環境に優しく低振動、騒音を実現しています。
特定特殊自動車排出ガス基準適合車
特定特殊自動車排出ガス基準適合車
特定特殊自動車排出ガス規制等に関する法律(オフロード法)届出完了。
窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)などを最小限に抑えたクリーンエンジンを搭載し
運動性能と環境性能が高い次元で融合しています。
特定特殊自動車排出ガス2011年基準適合車
特定特殊自動車排出ガス2011年基準適合車
特定特殊自動車排出ガス規制等に関する法律(オフロード法)届出完了。
窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)などを最小限に抑えたクリーンエンジンを搭載し
運動性能と環境性能が高い次元で融合しています。
特定特殊自動車軽油少数特例2006年基準適合車
特定特殊自動車軽油少数特例2006年基準適合車
軽油を燃料とし、改正前の基準による型式届出特定特殊自動車等であった型式のものに付されます。
(規則第18条第1項第2号イ適用)
範多機械の製品・サービスに関するご質問・ご相談、さらに詳しい説明をご要望の方は、
下記お問い合わせフォームもしくは、最寄り営業所までお電話、FAXなどでお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ 最寄り事業所のご案内