HOME > 会社情報

会社情報

会社情報

ごあいさつ

代表取締役社長 大月由高HANTA は創業以来、小型道路機械の専門メーカーとして、アスファルト道路とともに成長してまいりました。徹底して道路にこだわり、舗装、補修、維持管理などの整備技術を追求する情熱と実践力は、道路舗装業界をはじめ、国土交通省、各高速道路株式会社、全国の地方自治体など、多くのユーザーの皆さまから厚いご支持をいただいています。
単なる交通需要のみならず、快適な生活環境の形成に、また活気ある街づくりの重要な要素として、道路の担う役目とともに、小型道路機械へのニーズはますます多様化、高度化してきています。これまで培ってきた実績とノウハウを基盤に、より高度な技術でより機能性や操作性に優れた未来志向の製品を市場に提供していくことが、当社の使命であると考えています。社会とユーザーの皆さまにとってのベストカンパニーとして、さらなる飛躍をめざすHANTAへのいっそうのご支援を心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 大月由高

HANTAの経営理念

経営理念

  「道路機械を通じて社会に貢献する」

HANTAは創業以来一貫して道路機械に取り組み業界の発展に寄与してきました。 これからも環境に配慮した機械の開発、先進機械の開発に取り組み社会に貢献していきます。

経営ビジョン

道路機械の未来をきずく
道路機械のベストカンパニーであり続ける

HANTAの歴史

旧ハンター邸(神戸市)慶応元年4月、英国人E.H.ハンター氏が来日し、神戸に貿易商社 範多商店を創業した。範多商店(後に(株)範多商会)の機械部は、輸入及び国産ロードローラの草分けたる 『ハンタのロードローラ』 を販売し、大正時代から第二次大戦終了時まで国内で名声を博した。
当社は、昭和30年2月に同機械部を継承して設立され、引き続きロードローラの製造を再開し、また、コンクリート舗装機械の製造を開始したが、その後生産機種をコンクリート機械からアスファルト機械に転換して、アスファルトスプレヤ及びディストリビュータ を開発し、折りからの道路舗装の増加に伴い周辺機種及びシリーズ化の拡大に努め、時代の要請に応えた。

昭和48年 オイルショックを境に情勢は一変したが、引き続き小型アスファルトフィニッシャーを開発、国内外の評価も高まり、近年は ドイツに毎年輸出の実績を持っている。昭和57年にはイラクにアスファルトディストリビュータ を大量輸出し、また、中近東、東南アジア、北アフリカ、南米等 世界各地に現在も輸出中である。
一方、今後期待し得る道路維持機械として、凍結防止剤散布車、路面切削機、路上表層再生機等を製品群に含め、これらのシリーズ化に成功、更に凍結防止剤貯蔵設備を開発して、今後一層 維持関係機種 を充実し、多様なニーズに幅広く対応し得る態勢の強化を図っている。

範多機械の製品・サービスに関するご質問・ご相談、さらに詳しい説明をご要望の方は、
下記お問い合わせフォームもしくは、最寄り営業所までお電話、FAXなどでお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ 最寄り事業所のご案内
会社情報
会社概要
社史・開発史
営業所・拠点一覧
主要納入先
  • お知らせ・最新情報
  • ISO

承認登録番号:10657
ISO9001:2008承認取得
登録範囲
アスファルトフィニッシャ
凍結防止剤散布機

  • how to use